日本以外の国の人は急成長しているアジアに

注目しているのに対して、日本人だけが

未だにアジアを見下し欧米を見ています。



それは戦後日本が50年間もアジアのトップで

走り続けてきたのとアメリカに占領されたままで

アメリカを尊敬するように教育されてきたので

アジアを見下しているのです。



世界で作られている商品はほとんどアジア製なのに日本人は中国製は粗悪品だと言います。


どう思うかは自由ですが、もしあなたもそんな風に思うことがあるならば、現地メディアに触れたり、現地に行ってみることをお勧めします。


今や中国人が日本に来て「昔の中国みたい」とか「懐かしい」とか

日本に住んでる中国人が中国に行ったときは「あなたは昔の人ですね」って言われたりだとか。

日本人が知らない間にアジアはどんどん成長しているんです。


なぜ私が毎月のように東南アジアに行っているのか、東南アジアにどんなチャンスがあるのか。


日本人だからこそ知っておきたい東南アジア事情があります。


P_20180527_094524